やさいの家

あなたと大切な人へ…疲れたからだを野菜で元気に!

大切な器

2016-10-17 18:53:48 | つぶやき





たぶん私の母が、祖母から受け継いだと思われる器です。

    


いつだったか、
ずいぶん前に、母から私に引き継がれました。

祖母の家は20年以上前に、人手に渡っているので、
その家から持ち出した、わずかな思い出の品ということになります。

    

この器に、野沢菜漬けやたくあん漬けを盛り付けていたのでしょうか?

祖母が使っていたのを、覚えていないのがちょっと寂しくもあります。

帰省すると祖母の家のあった所を、通り過ぎるのですが、
寂しい気持ちが、どうしてもこみ上げてきます。

私の生まれ育った家も、人手に渡っているので、
そちらには、あまり行かないようにしています。

やっぱり、見ると少し切なくなります。

思い出は、形ではなくて、心の中に消えずに残っていくから、
物にこだわる必要はないと、よく言われますが・・・。

それでもやっぱり、懐かしい人たちの思い出が詰まったものは、
ほんの少しでも、手許に残しておきたいと思ってしまいます。

全部の思い出の品を持って、生きていくことは出来ないけど、
全部を捨てることは、私には出来そうにありません。


手の中に残った祖母の器。

思い出は、こんな形で受け継がれていくのでしょうか。


おでん。

    

祖母も作ってくれた一品です。

    

そろそろ、熱々のおでんが美味しい季節がやってきますね。



ポチッと押していただけると、嬉しいです。更新のはげみになるのです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへにほんブログ村


おうちごはん ブログランキングへ


    

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストーブ | トップ | 物置の片付け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む