折々に

仕事を辞めてゆっくり家事をし、淀川の河川敷等を歩いたりしている中で気に留めたことを…

明日から11月というのに…

2007-10-31 14:18:30 | 散歩
 朝方まで雨が降っていたのになんと快晴に。
そして昼間は少し動けば汗ばむほど、明日からは11月になるというのに。
近くの通り道には朝顔が…【欧米か!】ではないけど、「まだ、夏か

   

 河川敷も散歩、ウォッチング、サイクリングと人が増えてきました。
今日もウォッチャーさんたち何を撮っているのか1かたまりなのに方向はバラバラ、
堤防と河川敷の道の間くらいで大声で尋ねるのもちょっとねえ。
河川公園の湧水の小川、今が1番きれいです。

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河川敷と旅の続き-2

2007-10-30 16:05:03 | 散歩
 蒸し暑いです。  

 今日見たのはモズが殆どでした。ウォッチャーさん5,6人何見てるのかな?
みんなレンズの方向はバラバラ?ウーン、ちょっと分かりません
栴檀の実も少し色づいてきました。

   

さて、今日は5日目と6日目の帰途です。
場所は瀋陽(旧奉天)、又北の方です。でも寒くはありませんでした。
世界遺産の瀋陽故宮、他に旧満州の遺構や旧奉天郵便局、遼寧賓館
(旧奉天ヤマトホテル)前の広場には毛沢東の銅像
など等。
相変わらずオリンピックに向けて道路を掘り返し、ビルを建てたりで埃だらけ。
前に荷物を積んだリヤカーを良く見かけましたが、信号が殆ど無く
強引に横断したりであちこちでトラブルも。交通ルールなんてどうなっているのでしょう

    

   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河川敷と旅の続き

2007-10-29 17:56:46 | 散歩
 さっきのニュースで快晴は雲が1割まで、晴れは8割までだそうです。
8割といったら殆ど曇りだと思っていたのですが…ヘエー知らなかった
 今日、10日ぶりに河川敷へ、野鳥も鳴いていますがなかなか
アオサギが直ぐ近くを歩いていました。これがキジだったらなー、な~んて。無茶な
足元にも落ち葉が、やっと秋になったようです。

   

   

さて、4日目は西安、昔の長安です。ここにも世界遺産は沢山ありますが
秦の始皇帝陵、兵馬俑坑博物館、玄宗皇帝と楊貴妃で有名な華清池など等。
兵馬俑坑はスケールが違います。まだ発掘中だそうですが遥か彼方まで兵や馬等が…
どこも広い、広い。歩くのに疲れて休んでいる人も。私は大丈夫、河川敷歩いているから

   

   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界遺産の中の…2

2007-10-28 12:48:11 | 旅行
 朝から雲1つ無く晴れ渡りました。こんな清々しい朝は今の中国には無いと思います。

曇りか?と思えば太陽が卵の黄身みたいに見えるのですが全然眩しくないのです。
ガイドはモヤが掛かっていると言いましたが、私は黄砂と煤煙と粉塵などだと思います。
来年の北京オリンピックに向けあちこちで工事をしているからです。
洗車したような自動車は見たことがありません。みんな埃を被っています。
そんな中ザクロ売りの屋台が道路のあちこちに。最初玉ねぎを売っているのかと
1日中座っていれば喘息などの病気にならなければ良いがと思います。

3日目は九塞溝の長海、五彩池、諾日朗瀑布などバスを降りての見物や、ハイキング、車窓と13箇所をみましたがどれも見ごたえがありました。
2000mから2500m位酸素ボンベは必要ありませんでした。
山の中、ここは空気も水も澄んでいて視界もはっきりと。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国、世界遺産の中の… 1

2007-10-27 17:53:27 | 旅行
 今日は朝から雨でしたが、旅行中は夜1回だけ雨が降りました。
“世界遺産紀行”と銘うったツアー、20日大阪を出発した時は23度、着いた瀋陽は5度、
乗り継いで西安は20度。秋から真冬、又秋へ。翌日の九塞溝はまたまた5度。
最初の黄龍は3500mにも達する所、景色が全然違う そりゃそうだ。

   

   
バスの中からキョロキョロ。下りたら高山病にならないよう簡易酸素ボンベが配られました。
でもゆっくり歩けば大丈夫。飛行機の故障で2時間位遅れていたのでスケジュールがカットされ、
目玉の五彩池には帰りが暗くなるので行きませんでしたが近場で見るところって沢山ありました。
勇気ある?人達(ツアーの半数14人)はどうしても行くと言って強引にも行きました。
これって添乗員泣かせです。本当は夜道は暗く危険だからと強く言いたかったと思います。
後で怪我でもしたら大変な事に…現地のガイドさんもお気の毒でしたがみんな無事に。
これから先が思いやられるような…

   

   






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作品合同展

2007-10-26 17:33:37 | Weblog
 雨が降ったり止んだりの中、御殿山生涯学習美術センターに
恒例の作品合同店を見に行きました。日本画、油彩、陶芸、版画など等。
今度はどんな作品があるのかといつも楽しみにしています。
プロでも通用するような作品が多くあったと思います。
そしてその度にいいな、習いたいな~と思うだけでなかなか実行には…程遠いです。
やはりゆっくり見る側が私には1番似合っています。

    

20日から25日まで中国の九塞溝と兵馬要を観に行って来ました。
又、少しずつ感じた事を書いてみたいと思います。
とにかくモヤがかかったように太陽がぼ~んやりと。大気汚染が凄い!
遠視の私は遠くを見るのには自信があるけれど100m先は見え難いほどひどい。
そんな中、九塞溝は高い山の上、空気と水はきれいでした。

  
    

    
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

少しお休みします

2007-10-20 07:17:38 | Weblog
4,5日家を留守にします。
喧嘩した訳ではありませんが…
こんな時、携帯があればな~と思いますが
なかなか決心がつかないのです。
帰ってきたら、河川敷も少しはかわっているでしょうね。
野鳥も増えていると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

荻(オギ)

2007-10-19 11:46:17 | 散歩
 今、淀川の河川敷には荻(オギ)が群生しています。
イネ科、ススキ属だそうです。以前からススキに似ているけれど
ちょっと違うと思っていましたが、偶然植物に詳しい人に出会い教えてもらいました。
その人の話では淀川の河川敷にはススキは殆ど見かけないそうです。
ススキは別名「尾花(おばな)」とも。花穂が獣の尾に似ていることから言うそうです。
荻は花穂は白くはなってもススキみたいに柔らかく広がりは無く派手でもないですね。
歩いてみると知らない植物ばかりだという事がよく分かりました。
植物図鑑でも持って歩けばよろしいのですが…


   
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

六甲山-2

2007-10-18 14:58:06 | 旅行
 昨日の続きです。 翌日、つまり昨日、何だかややこしいですが、
保養所から市内に帰る途中、六甲山ホテルへ。
中に入るとレトロな内装。いつ頃出来たんでしょう。落ち着いた雰囲気。

   

一晩泊まったような気分で6階でコーヒータイム。前日の夜景のお昼版。
よく晴れていたので神戸湾を一望し、関空や和歌山の岬町まで見えました。
有馬温泉の保養所に行く時はいつも近くの有馬グランドホテルでお昼を食べて
さも泊まっていたような気分でちゃっかり帰ってきます。1度で2度おいしい?
旧館の1部が残っている筈と言う友人の言葉に外に出て辺りを探すと
ありました。う~ん、古そう。えっ、ここの2,3階は客室だって現役かあ~。
こちらは緑に囲まれ、野鳥の声も沢山聞こえていました。

           
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六甲山

2007-10-17 17:28:42 | 旅行
 昨日、午後から友人の御主人が勤めていた会社の保養所に行って来ました。

   


六甲山は標高931mあり、寒いかな~と思いちょっと着込んで行きましたが
全然、ぽかぽか陽気でした。で、紅葉もゼ~ンゼ~ン、木々は青々と。

   
夜景は抜群でした。やはり、100万ドル今は1000万ドル何でもいい、
とにかく宝石をちりばめたとはよく言ったものです。
一昨年来た時も感動しましたが、眼下に見る神戸市の夜景函館とは又違う輝きで
すばらしかったです。でも写真はとても難しいので残念ながら撮れません。
前回と同じく朝日だけはどうにか…

   
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加