広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メランコリックな怪物

2009-12-01 10:51:47 | 音楽/本/映画/など・・・
『メランコリックな怪物』/長田弘

古本市で買った一冊。
どうにも最近は言葉への関心が強くなってる。
底にある温度を感じるような、ごまかしのない響き。
読んでも聴こえるような、声を探してるんだ。

『言葉殺人事件』もそうだ、
長田さんのこの時期の言葉は鋭い。
ずばりと嘘を見抜くような、若者の嗅覚だ。

どこへも出発しなかったひとに。自分の名前を思いだせないひとに。
何を知らないかを知らないひとに。包帯みたいに長い手紙を書くひとに。
不幸に借りがあるひとに。コルクで魂に栓をしたひとに。
生きるように生きたいひとに。どんな地図も手にないひとに。
土星のしたで考えるひとに。路上で本を読みたいひとに。


若いころのディランみたいだ。
ドント・ルック・バックなのだ。

路上派だもんな、この人。

□過去log:
言葉殺人事件
_______________________

長田弘
路上派。困難な時代の歌をうたって新しい世代に大きな影響をあたえてきた。詩集『言葉殺人事件』など。
きらいなもの、手帳と電話。好きなもの、コーヒーとキャベツとフクロウ。兎年。
詩を読まぬ人びとのために詩を書くことが、この詩人の仕事である。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PEOPLE\'S WORDS | TOP | BLONDE ON BLONDE »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL