槍平小屋ニュース 

槍ヶ岳・飛騨側登山ルートの要衝、槍平小屋から日々の出来事や最新登山道情報をお届けします。

最新登山道情報(南岳新道) 20170709

2017年07月09日 | 日記

本日9日現在の南岳新道(標高2100m付近)の雪渓の様子です。南岳へのルートは赤線で示した部分で、槍平側から南岳側へ向けての標高差は40m程度。間違ってバツ印部分の上部へ登らないようにして下さい。雪渓から登山道へ入る場所にはピンクテープがありますので、しっかり確認して下さい。

 

南沢はこれからスノーブリッジ、クレバスが発達します。雪の状態をしっかり見極めてルート選択して下さい。ピッケル、アイゼンは必携です。現在、クレバスの深いものでは2m程度になっています。

 

次に南沢上部(標高2700m)付近の雪渓の様子です。木道から南沢カールへ下った手前側のトラバースルートについては南岳小屋のスタッフさんが雪を切ってくれています。本日9日現在、通過に注意が必要なのは赤線で囲んだ、夏道が雪に隠れている部分です。

 

標高差は100m未満ですが、かなり傾斜もきつい場所になります。雪が締まっている早朝などは滑落の恐れもありますので、ピッケル、アイゼンを携行して下さい。

また、雪の影響以外にも、南岳新道については登山道上に設置されている木道、ハシゴの老朽化が目立っています。いきなり全体重をかけることはせず、しっかりと確認してから通過するようにして下さい。南岳新道の通行については下りでの利用よりも、槍平から南岳方面への登りで利用することをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 槍平小屋ニュース 20170708 | トップ | 槍平小屋ニュース 20170709 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む