伽 草 子

<とぎそうし>
団塊の世代が綴る随感録

横綱は勝ち方だ

2017年07月13日 | Weblog

 名古屋場所4日目、白鵬・貴景勝の一番。立ち会い後、突き押しの応酬があって両者がかなりの間合いを置いてにらみ合いとなった。場内、歓声。と、白鵬は前傾姿勢から直立して、さあこいとばかり両手を広げた。意を決して貴景勝が飛び込んだが、勝負あり。まんまと組み止められて一気に土俵際へ。寄り切って白鵬の勝ち。
 なぜか、愛知県体育館は沸かない。NHKのアナウンサーがボクシングの挑発ジェスチャーのようだと解説の元多賀竜・鏡山に振ると、鏡山は口ごもりつつ「(どういう意図なのか)私にはわかりません」と応じた。それはそうだろう。稿者の長い相撲観戦歴の中でも、あのような場面に出交したことは1度もない。
 「“来い”と言ったのかな。攻めるより、そこで受け止めようと切り替えた。余裕があるから勝つんだろうね」とは本人の弁だ。さすがは横綱相撲と評する報道や、朝日のように取り口に一言も触れていないところもある。しかし、双方ともおかしい。前者は能天気だし、稿者は無関心過ぎる。あれで最多勝記録更新間近なぞとは片腹痛い。
 勝ちに執着するのは力士として当然だ。但しそれは大関まで。横綱はちがう。勝ち方が問われる。いかに勝つか、だ。押し込まれて破れかぶれのうっちゃりでもいい、まさかの注文相撲でも料簡しよう。しかし、“あれ”はいけない。初っ切り紛いの“あれ”はない。本割りの土俵は稽古場ではない。稽古場で下の者に胸を貸す。それを本場所で再演しては興醒めだ。まず、必死に立ち向かう後輩に失礼であろう。ガチンコ勝負を期待する観客に対しも礼を失する。相撲が神への奉納を始原とするなら、圧倒的な力の差をこれ見よがしに誇示する夜郎自大は敬虔な尊崇からはかけ離れている。「岩戸隠れ」の故事は瞭らかに力の剥き出しの表出を嫌っている。
 何度も指摘してきた白鵬の「過剰適応」である。いや、この場合、「適応錯誤」といったほうがいい。本邦において、強さは謙抑的に現出されることが美しいとされる。いい悪いではなく、大陸とは文化的土壌を異にする。どうも、そこを見損なったのではあるまいか。繰り返すが、横綱は勝ち方が問われる。日馬富士の勝ち方、あるいは負け方に比してどちらが胸に落ちるか。答えは自明だ。申し訳ないけれども、そういうものだ。
 穿てば、あるいは「妥当適応」かもしれない。内田 樹氏の言を引こう。
「今の日本人はもう数値化されたものでしかものごとの価値を判断できなくなっている。ものごとの質を問うということができなくなっている。これこそ現代日本の社会全体を覆い尽くしている知的頽廃の際立った兆候だと思います。国会審議の時間数で法案が精査されたかどうかを判断しているような立法府が他の国の議会でもあるのか」(晶文社「日本の覚醒のために」)
 「数値化」の実例は「全体を覆い尽くしている」ゆえ、挙げるまでもない。法案の精査深度が審議時間数で衡量される。これは紛れもなくひとつの戯画だが、大相撲にまで浸潤しているとしたら病症は露わだ。勝ち方が不問に付された横綱の白星に、「ものごとの質を問うということ」ができなくなった「今の日本人」がありありと見える。とは、穿ち過ぎであろうか。 □

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« JAL機内誌 | トップ | 閉会中審査の前に »