カクレマショウ

やっぴBLOG

「お待ちくださいますか?」と「お待ちいただけますか?」

2007-11-01 | ■その他
仕事がらみの文書作成は、どうしても依頼ごと、お願いごとが多いのですが、そんな時よく迷ってしまうのが、「くださる」と「いただく」の使い分けです。たとえば、

・ご出席くださいますようお願いします。
・ご出席いただきますようお願いします。

どっちが正しいのか? どっちも正しいような気もするのですが、「くださる」と「いただく」ではやはり微妙なニュアンスの違いがあるような気もします。

で、ネットで検索して調べてみると、さすが、この分野に長けた方がいるもので、わかりやすい説明をたくさん見つけることができました。

まず、「くださる」と「いただく」はいずれも敬語なので、普通の言い方に直してみると、

くださる→くれる
いただく→もらう

となります。つまり、どちらも「物や行為のやりとり」を指す動詞ですが、主語が違うことに気づきます。つまり、「くれる」は相手が主語、「もらう」は自分が主語です。当然、敬語にした場合、「くださる」は相手の行為に敬意を表するので「尊敬語」、「いただく」は自分の行為をへりくだって表すので「謙譲語」となります。

したがって、

くださる(くれる)→相手が自分から何かをしてくれた場合に使う。
いただく(もらう)→こちらから依頼した場合に使う。

という使い分けができそうですね。

「くださる」と「いただく」の使い分けに悩んでしまうのは、日本語が、主語を省略することが多いからなのですね。というより、主語をわざわざ入れる方が不自然な場合が多い。「あなた様が貴重な資料をお送りくださり」とか「あなた様より私に貴重な資料をお送りいただき」はちょっとヘン。「貴重な資料をお送りくださり」、「貴重な資料をお送りいただき」でいいのです。

この場合も、頼んでいないのにわざわざ送ってくれた場合は「お送りくださり」だし、頼んで送ってもらった場合は「お送りいただき」がより正確な表現だということですね。

同じように、「来てくれた」ことにお礼を述べる時は、ひょっこり来てくれた時は「おいでくださりありがとうございました」だし、こちらから頼んで来てもらった時は「おいでいただきありがとうございました」となります。

では、「お待ちくださいますか?」と「お待ちいただけますか?」はどうでしょうか。どちらも間違いではないようですが、「待つ」のは相手ですから、ここは尊敬語の「くださる」の方が適切でしょう。「いただく」というのは、「〜してもらいたい」というこっちの要望や意向を直接伝えてしまう感じがあるし。

ここで気がつくのは、「いただく」の方は過去に「してもらった」ことを表すのに使うぶんにはいいのですが、未来のいつかに「してもらいたい」といった場合は、少しだけ違和感があるということです。やはりこちらの要望がストレートに伝わってしまう言い方は、日本人は得意ではないようですね。「この点についてお考えいただくようお願いします」よりは、「この点についてお考えくださるようお願いします」の方が、柔らかく聞こえますよね。相手の立場になって言葉を使い分けるということを、日本人は知らず知らずのうちにやっているようです。

もちろん、日常会話の中では、「くださる」「いただく」はそれほど厳密に使い分ける必要もないでしょう。ほぼ同じ意味合いで使ってもいっこうに差し支えない、と、どのサイトでも書いてありました。日常のコミュニケーションでは、そんな使い分けより、「言い方」や「言う時の仕草や態度」が大切で、たとえば、「お待ちくださいますか」だろうが「お待ちいただけますか」だろうが、「笑顔」で言われたら、それだけでいいコミュニケーション成立ですよね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« “「裏糸」を感じろ?”作品群 | トップ | 「よのなか科」はキャリア教育の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勉強になりました (ナルト)
2007-11-02 16:17:40
こんにちは。「メロヴィング」で検索していたら偶然こちらに来ました。
勉強になりました。ありがとうございます。
ありがとうございます。 (やっぴ)
2007-11-04 11:06:47
ナルト様

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
「メロヴィング」ということは、「ダ・ヴィンチコード」ですね。

どうぞいつでもおいでくださいませ…。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

■その他」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。