障害と英語と夢と

16歳で障害者になったアラフォー主婦。
苦しみ続けた日々と人生を変えた独学英語について

大学の単位認定初試験 TOEIC講師への夢など

2017-05-21 23:09:17 | 大学のこと
5月TOEICの今日、
受験された皆様、お疲れ様でした

私はというと、今日は始めての大学の単位認定試験でした。

まずテキストで勉強し、次に課題に沿ってレポートを書き、
最後に単位認定試験を受けるというテキスト学習と

実際に大学にスクーリングに行って
土・日と二日間連続で講義を受け
その後レポートを提出する、というスクーリング学習とで
単位を取って行きます。

今日は「心理学入門」と
「英語コミュニケーション」の
2科目受験してきました。

京都の大学まで行かなくても各都道府県に試験会場があり、
私は滋賀県の草津市で受験することが出来ました。

会場に到着するとすでにたくさんの人がテキストとにらめっこして
真剣に勉強してました

B4サイズのレポート用紙が解答用紙で
全教科記述式での回答です。

初めての参加でしたが、要領もつかめたし
今後、順調に単位取得を重ね4年で卒業できるように
頑張りたいものです

さて、大学の勉強、塾の仕事、TOEIC900越え目標と
やるべきことが満載ではありますが、

何を目指せばいいのか、私の生きる道はどれなのかと
迷い、くすぶっていた期間が長すぎた
私にとって、今、自分で学び、行動する、そして成長していくという
挑戦の連続の日々が本当に有り難いと感じるし
充実しています。


実は、最近 素敵な出会いがありました。
彼女は帰国子女で年齢は私より少し下か同じくらい。(←たぶん

自分で英語スクールを運営しておられます。
そして美意識も高くキレイ

今TOEIC900、英検1級にチャレンジ中で
現在のTOEICスコアはほぼ私と同じ。
すぐに達成されると思いますが

その彼女と一緒に
「TOEIC900達成目指して頑張ろう!!」
そしてもっとスコアアップも目指して一緒に
「TOEIC講座やろう!!」

という話が出てきました。

まだ明確ではありませんが、
滋賀県でもTOEIC受験人口はかなり多いですし、
地元でTOEIC講座が出来るなんて考えただけでワクワク
してきます。

二人で、となると心強い
実現できるように頑張りたいです


本の話

朝読書継続中で坊ちゃん読了しました。

英文版 坊っちゃん - Botchan
クリエーター情報なし
講談社インターナショナル


やんちゃ坊主ではありながらも真っ直ぐな性格。
愛媛に単身で中学の数学の先生として赴任してから、
同僚らの腹黒さや二面性に葛藤しながらも戦い、
人間として成長し、自分をいつも褒めて
愛してくれたKIYOへの感謝の気持ちなどの話。

よかったです。


次はこれを図書館で予約しました。

Penguin Readers: Level 4 MACBETH (Penguin Readers, Level 4)
クリエーター情報なし
Pearson Japan



シェイクスピアです

近所の図書館には現代英語で書かれたものは
ペンギンリーダーズのものしかないということで
借りてみました。

実は今大学で、これを勉強してるんです。

イギリス・アメリカ文学史 作家のこころ
クリエーター情報なし
南雲堂



大学生が常識として知っておくべき
主要作家を英文学から55人、米文学から20人とりあげ
重要な作品や作家について書かれているものです。


シェークスピアすら読んだことない私ですので
まずペンギンリーダーズで触れてみたいと思います


あとこれ買いました


40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEICを受けていきなり930点取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法 (リンダパブリッシャーズの本)
クリエーター情報なし
泰文堂



こういう本はあまり信じられなく読まないんですが、
TOEICのテキストを探していたら目に留まり、
レビューが良かったのと、レビューの中で
700台から900台に一気にスコアが伸びた!!
というのを見つけ思わずポチッといきました


また感想アップしますね

以上です
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なりたい自分になる! | トップ | 老いることについて »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (大阪の主婦)
2017-05-23 18:33:25
やっぴさん、うちのほうのブログにコメントありがとうね~!
こっちの記事、昨日よんでて、コメント入れようと思ってたとこ!
キャンパスライフ充実してるし!!!

また英検やTOEICとは違った試験だよね~。レポート提出とか。それが大学だもんな~。

イギリスアメリカ文学史、私も学生の頃授業あったで~。あれがなかったら知らなかったこともいっぱい。

知識教養の幅ひろがるから大学で学ぶ時間を楽しんで~♪
私ももう一回学生に戻りたいわ(爆)

いい出会いもあったようで♪

やっぴさんのさらなる活躍祈ってるで~♪

また寄ります~♪
大阪の主婦さんへ (やっぴ)
2017-05-25 19:30:37
主婦さんのもう一回学生に戻りたい、という気持ち分かります

今は家のことやら家族のことをやりくりした上での勉強ですもんね。家事やら一切の責任を果たした上での勉強時間確保

私も若いときにもっと貪欲に学んでおきたかったです。でも主婦さんの言うように、私もこのままでは終わりたくないんです

生きてるうちにいろんなことを達成したい

お互い頑張りましょうね

主婦さんもイギリスアメリカ文学史学ばれたんですね!英米科、英文科では必須なのですかね。

はっきり言って私、ここに出てくる作家ほとんど知らなかったですし、読んだこともない 笑

色んな有名作家の生い立ちを見てると波乱万丈の人生多いですね。
あとやっぱりハーバード卒とかも多い

今更ではありますが、それが返って新鮮だったりもするので色々学んで生きたいと思います

今度主婦さんにお会いするときはちょっと賢そうに見えるように頑張ります

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

大学のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。