障害と英語と夢と

16歳で障害者になったアラフォー主婦。
苦しみ続けた日々と人生を変えた独学英語について

やっぱり読むしかない

2017-06-04 21:53:34 | 英語学習
今日は英検でしたね。

チャレンジされた方、本当にお疲れ様でした。
チャレンジした自分を褒めてあげてください。

きっとどこかで結果が出ます


我が家の娘も今日は準1級を受けに行きました。
早朝に「Good luck on your test!」
と声をかけ私は一足早く
大学のスクーリングに向かいました

今回準1級、2回目のチャレンジの娘は
今日の試験まで真剣に向き合ったのかどうか分かりませんが、
帰宅後どうだったか聞いてみると、

娘:「語彙は出来たけど長文でどうしても分からないものがあって
後で見直そうと思ってたら、作文でも戸惑ってしまって時間がなかった

リスニングのPART2の途中で前の席からピピピーと
誰かの時計のアラーム音が鳴って数問聞き逃した」と・・・。


だいたいこういう感想を言うときは落ちてることが多いですね


それでいいと思います。


あまり苦労せず合格すると思い上がるだけなので、
悔しい思いをして、次回本気を出して戦って欲しい、

親としてそう思います。


さて私は命がけのスクーリングでした。←大げさか
朝の9時~5時半の講義は想像以上にしんどいものでした。

あまり興味のない共通科目の講義なので
睡魔と戦うのが必死です。
でもレポートを書かなければいけないので
寝るわけにはいきません。


そして編み出した技!
とにかく授業中、麦茶を飲みまくる
今日は1リットル以上飲みました
私にはこれが効果ありなんです


最近たまたまユーチューブで小6でTOEIC980点
取った子の動画を見つけました。
帰国子女でもなく、海外経験もないこの子ですが
とにかく暇があれば洋書を読んでいるそうです。

しかもTOEICのリーディングは満点。
この子の部屋に積まれた洋書の数を見ると納得です。


大人でも難しいのに小6で「TOEIC 980点」



ということで、この子にかなり刺激というか学びをもらった
私は、やっぱり「読まねば」との思いに駆られたワケです。

TOEICでリーディングに伸び悩んでいるのに
読まずにスコアを引き上げることなんか出来るはずがない。

すぐに問題集に頼ってしまう私ですが、900点以上を
目指そうと思えばもう問題集やら試験のテクニックから離れた
トレーニングをやっていかなければと実感しました。


せっかくなので今日、大学の図書館に行ってみました。


洋書の専門書はこれでもかというほどありましたが
人気作家の洋書などは置いてないようでした。

ただ、英語学習教材コーナーの充実は半端なかったです。

TOEICや英検の問題集もどっさり、そして、
ペンギンリーダースやオックスフォードの
レベル別の本は山ほどありました。

今日は1冊これを借りてきました。
読みたいと思っていた本です。

Penguin Readers: Level 5 PRIDE AND PREJUDICE (Penguin Readers, Level 5)
クリエーター情報なし
Pearson Japan


レベル5でupper-intermediate となっています。

休憩時間中に少し読みましたが面白そうですし
英文も簡単過ぎず難しすぎずなので
しばらくペンギンリーダースとオックスフォードを
読みあさろうかと思います。

せっかく大学に行ってるので

I SHOULD MAKE THE MOST OF IT!!
です
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老いることについて | トップ | 生きるということ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

英語学習」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。