鳥まり、参る!

ご来訪ありがとうございます!
大和撫子“鳥まり”の日々の奮闘を記録&お届け☆

持ち歩き用ハンドクリームと、新しいアイシャドウ。

2016年10月19日 | 女磨き
【暑い季節が終わったら手荒れの季節だぜ!】

秋通り越してこれは冬なんじゃないかってくらい寒い日が続いたと思ったら、昨日はポカポカ汗ばむくらいの陽気だったりして。

最近は寒暖差激しいのがすっかりフツーになってしまいましたね。

さて、秋だし(?)薬局にて新しいコスメを少し購入しました。


  ↑
ケイトのアイシャドウと、ヴァセリンのハンド&ネイルクリーム。

この小さめハンドクリームは持ち歩き用に購入しました!

今年も手荒れの季節がやってきてしまったね…。

手の保湿不足でささくれっぽくなったり、指の腹や手の甲が乾燥したり

ケア大事。

アイシャドウは手持ちのやつが減ってきた&ちょうど薬局が35%オフかけてくれていたので買いました

鳥まりさんは奥二重で大変ちいさい目をしてるもんですから、アイシャドウはたくさん必要なのです

【ケイトのアイシャドウは安心の発色&使い心地♪】

ケイトのシャドウは、フォルミングエッジアイズっていうやつのBR-3です(多分)。

ピンクブラウンって書いてあったかな?

中間色が濃すぎず良い色です。

安心してたっぷり乗せられる。

締め色はガッツリ濃いです(笑)

キラキラしててパーリーな感じ(なんだこの胡散臭い表現?)で、好きだな~。

ケイトのシャドウはもうすっかり信頼しているアイテムかも。

このパレットを買うのは初めてですが良いわ~。

私は普通に3色グラデで色をのせています。

パッケージに書いてあるような使い方はけっこう技術が問われると思う。

【ヴァセリンのハンド&ネイルクリームはベタつきすぎないのがありがたい】

ヴァセリンのクリームはこれの他にもう1種類くらいあったんですが、コチラの方がより使い心地が良かったこと(もうひとつのはジェルみたいだった)と、ネイルってあるくらいだから爪周りの保湿に効くかなって思って選びました。

ベタつきすぎないし、持ち運びしやすいサイズだしイイ感じ

すっかりハンドケアをサボっていてまんまと手荒れしてしまったので、今は心を入れ替えてケアしています。

といってもズボラな私ですからすごくシンプル。

こんな感じでハンドケアしています。

~私の日々のハンドケア~

1.朝、顔にニベア塗る時に手にもまんべんなく塗る

…使い分けとかしない。

 忘れちゃうので、顔とセットなら覚えているだろうという安直な発想。

2.トイレ掃除・お風呂掃除の時に一工夫

この記事に書いた方法を今でも継続しています。

→※『簡単ハンドケア』

が、最近はお風呂掃除の時は忘れてそのままやってしまいがちに(笑)

反省しなければ…

食器洗いの時もやれば最高なんだろうけど、やらないなあ…。

3.出先で手を洗った時に持ち歩き用クリームを塗る

…出先で手を洗ったら、その場でササッと保湿。

 だからベタつかないクリームが嬉しいのよね。

 あんまり量を塗りすぎないのも快適ポイント。

4.夜、クレンジング後に顔にニベア塗ると共に手に塗り込む

…朝と全く同じ理論。

 忘れてしまうよりずっとマシなのです。

5.寝る前にクリームをもう一度塗る

…これはバストクリームとして使っているユースキンか近江のメディカルクリームです。

 理由は簡単で、ベッドサイドに置いてあるから(笑)

 やはり効きそうな気がしてくる香りであります。

【やっぱり意識して保湿するとどんどん良くなるよ!】

たったこれだけのことでも、やるとやらないとじゃ大違い。

2日目から全然違うなって効果がわかります

手は年齢が出るとか言われる場所だしね…鳥まりさんも

「老け顔だから、やっぱり手も老けてるじゃんwww」

とセルフツッコミせずにすむよう、精進してまいります。

単純にささくれのない手指は快適だし


対面カウンセリングのご案内と、はじめての方向けの記事です♪

※対面有料カウンセリングやってます。


※モテ服関連記事・まとめ。


※スキンケア記事・まとめ。


※宝塚の娘役さん風・ナチュラルメイクレシピまとめ。


※有名人さん風メイクレシピ・まとめ。


※大学1年生のための外見魅力アップ講座『ホンカワ』!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宙組『エリザベート』感想②。 | トップ | 北翔海莉さん・妃海風さん、... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。