♪⌒ヽ(*^^)/やんやん+のごきげんアルペン通信Vol.4~結婚編~

スイス人の夫とスイスで暮らすアルプスのギリギリアラサー主婦やんやんの日々の出来事や疑問をマイペースに語るブログ

守銭奴 〜銭を守る奴〜

2016-10-24 21:43:33 | 生活
相変わらずスイスに来てからもラッペン単位で家計簿をつけてるわけですけれども。

ラッペンとは日本で言うなら一円単位レベル。しかし現在のスイスでは5ラッペンが最小。1ラッペンは2007年に正式に廃止されたと言う。
先ほども自分の財布の中のお金と帳簿を照らし合わせて計算してたらキチンと合っていたのでホッとした瞬間をR氏に目撃されたのだがR氏も私の家計簿には興味を持ってくれている

私が本気で家計簿に目覚めたのは一人暮らしをした時だった。何しろ一人で住むわけだから下手すると死活問題に発展しかねない。

Excel、家計簿アプリなど試したが1番しっくりきたのが母と同じく、ノートに自分で線を引いて自分に必要な勘定科目だけで管理すると言う方法。家計簿アプリや市販の家計簿ノートは自分には関係のない項目があったりして、そこが毎回、空欄になるのが嫌で、Excelは何だか無機質な感じで寂しいので、やはり手書きの温かみのある私だけの家計簿が好き。ちなみに母は今でもそろばんを使っている所が凄い!子供の頃そろばんを習ってた私は母のそろばんを借りてたので私にとっても馴染みの深い、そろばんなのである

話を戻して以前は、母による監査が入っていたのだが、監査が入る事でさらに身の引き締まる思いにもなるし、経理のプロでもあるのでアドバイスを受けたりと割と好きだった
帳簿を付けることで年間の収支も把握出来るしコレは今では私の趣味でもある。

R氏も信頼を寄せてくれて今後は生活費を任せたいと言ってくれてるので、コレには俄然やる気が湧く

R氏も経理に関してはプロフェッショナルなので金銭の話をする時は互いにシビアになるけど、そこがR氏の好きな部分でもあるのだ

あと、スケジュール管理も好きでR氏に今年の初めに買ってもらった黒革の手帖(実際は赤い布地の手帳)にビッシリと予定や起こった出来事を記している。コレまでは個人的に使ってたが、生活形態が変わった事で記す内容も変わったので来年からはもっとちゃんと管理していきたいと思うやんやんなのでした


※割と大きいハチが家の中に入ってきた

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カム着火インフェルノオオウ | TOP | 街角トワイライト »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cucu)
2016-10-25 23:16:46
しっかりやってるね!さすが〜‼︎
家計簿はさ、反省し活かすっていうのが大事なんだよね。私はどうも結果を書きてるだけで活かせてるのか…ナゾ。
Re:Unknown (やんやん)
2016-10-29 01:08:17
私も書いてるだけの時は、そう思ってたけど年単位になってくると必ず出る月って決まってたりするじゃない?そう言うの分かってくると貯金額の振り分けも出来たり!後はどこに自分はお金をかけるか?とか。前はネイルだけは絶対毎月お店でって言うのが第一優先だったけど、今は全くお金をかける場所が変わった

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。