♪⌒ヽ(*^^)/やんやん+のごきげんアルペン通信Vol.4~結婚編~

スイス人の夫とスイスで暮らすやんやんの日々の出来事や疑問をマイペースに語るブログ

アインシュタイン ツヴァイシュタイン

2016-10-11 18:45:50 | 生活

「我々の直面する重要な問題は、その問題を作ったときと同じ考えのレベルで解決することはできない」-アインシュタイン-

私が悩みを抱えた時、アインシュタインの名言とともに師匠は私にこう言いました。

師匠『つまり、「今までとは全く違う次元の視点でとらえ直す必要がある」ということである。やんよ…師匠である私が貴様の立場ならどうするか考えてみよ』

やん『(春日バリの決めポーズで)「今ある常識をぶっ壊して新たな目標を立て直すんだ!」(トゥースのポーズね)』

師匠は絶対に私を否定しない。

実は、家選びの際に私が唯一譲れなかった点がある。それは家に洗濯機がある事。日本のご家庭なら何処にでもある洗濯機。でもスイスは違う。多くの集合住宅では地下に共有の洗濯機や乾燥機があって日替わりで使用するのだ。今の家は二世帯しか住んでないので土曜日以外は使い放題なのだが、チューリッヒではそうもいきますまい。ましてやこれから子供が出来たら洗濯の機会も増えるでしょうし…逆に洗濯機があれば他は何でも良いと言っていたので頑なに譲らなかった。

しかし、ある時、家に洗濯機が必ずあるべきだと言う日本での常識を一度捨ててみようと思った。
実は不採用だった二軒のアパートは各家庭に洗濯機があったのだが、もちろん間取りが気に入らないなど欠点もあった。採用された家には洗濯機は無いが、R氏の職場までの距離が近い。最上階で地下までのエレベーターもあるし間取りも気に入った。他にも洗濯機が無いというだけでプラスの要素が沢山あるのだ

結局の所、自分の居場所が1番だと思える私なので満足なのである
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダンシャリスト | TOP | オルマ »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。