弱虫・格闘嫌いのための       武道のすすめ

気が弱く、争いが嫌いだけど、何故か武道に興味がある人への体験メッセージ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気が弱い人が気が弱いままでいい武道とは 2

2017年01月03日 | 日記
ニコラス・ぺタスの「最強の武道とは何か」という本の中に、以下のような文章があります。

小林流の開祖・知花朝信には、こんなエピソードがあるという。
ある日、知花は、「高名な空手家である知花を倒せば名が上がる」と野心を抱いた暴漢に襲われたそうだ。だが、知花は決して手を出そうとはせず、なぐられるにまかせた。
結果、かおの皮膚が切れて出血し、歯も折れてしまう。それでも反撃してこない知花を見て、逆に暴漢が恐れをなし、謝罪したという。

知花朝信は、本当の空手家だったんだなあと思います。
あれだけ一流の空手家が、全く反撃せずにいられたのは、驚異という他ありません。失礼ながら、現代の多くの武道家は、防御したり反撃したりすると思います。
武道の極意に達した武道家というのは、本当にすばらしいものです。

しかし、ここで世の中の弱虫の人たちに聞きたい。皆さんは、このように殴られることは可能ですか?
おそらく、こんな返答になるのではないでしょうか。

自分だったら、できれば逃げたいが、一度捕まったら、逃げることもできず殴られるでしょう。怖くて、反撃はおろか、防御したり、逃げることもできないでしょう。まるで、蛇に睨まれたカエルのように、なすがままにボコボコに殴られるでしょう。

でも、行動的には、同じではないでしょうか。同じように殴られっぱなしですね。
違うのは心です。達人は、余裕をもって、弱虫は怖がっているだけです。
もし、弱虫が決して人と争わないと決心したら、武道の達人と同じではないでしょうか。
弱虫は、自分が弱いと自覚しているので、人と争わないと決心すれば、
知らず知らずに武道の達人と同じ行動になるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気が弱い人が気が弱いままで... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。