真珠子にゅうす

真珠子の公式公開日記。

わたしと本との○○なカンケイ キャンペーン!本自体との思い出でもOK🙆💕

2017-08-10 15:39:06 | お仕事

 

 
 

 
 
わたしと本との○○なカンケイ キャンペーン! ご投稿ゾクゾク!ありがとうございます。本の内容とのエピソードも
もちろんですが本自体との思い出でもOK🙆💕例えば好きな図書館(私は大阪中之島図書館か
熊本市現代美術館の本棚の中で寝そべって読める図書館だな〜)とか、、、
図書館司書さんの事を好きになってしまって通いつめた話とか、自分が借りた本の奥付けの
貸し出しカードには必ず知らないあの人がいて恋に落ちた話とか(ロマンチック💕
この本を読んでたらナンパされたとか何でもお待ちしてます😃 
ちなみに私は橋口いくよさんの「愛の種。」を図書館で読んでいたらナンパされました。
その数年後に単行本版の表紙を描かせていただくことになろうとは。もうホントに人生って不思議だ。ミラクル。。。
しかしまあ!今、見ると凄い絵だ!笑!今、これ描けないです😭 

ステキな図書館司書が出てくるお話って向田邦子さん脚本のドラマ「阿修羅のごとく」の滝子が司書さんですね。

いしだあゆみさん版も深津絵里さん版も好き❤️いしだあゆみさんが宇崎竜童さん扮する探偵さんに迫られて頑なに拒んできた

眼鏡を外すことをやめるシーンや、深津絵里さんの司書仕事ぶりを見に、

会社帰りの仲代達矢さん扮するお父さんが図書館に寄るシーンが好きです。

この時の探偵役は中村獅童さん。 


小学生の時、図書館好きだった!けっしてたくさん本を読む子どもではなかったけど!むしろ読まない子だったけど!

少数を深く体験するタイプ!折しもその頃世は空前の「ネバーエンデェングストーリー」ブーム!

私もアトレイユになって物語中を駆け抜けていたのでした。 
あの頃感じた、私も楽しいお話を書きたいなぁという思いが今の私まで続いている。

その10歳の時から現在まで連作で描き続けている漫画があります!そうだ!久しぶりに10歳の私とコラボしよう! 
ネバーエンディングストーリーは、本が持つ魅力も魔力も教えてくれた。だから、

図書館の本たちがそれぞれに携えている物語の個性を大切にしたいって本の気持ちになって図書館に佇んでいた。
懐かしい。。。‬

図書館のあのまったりした時間の流れが、ゆったりした黄色い光が、大好きだったなー。小学校の図書室の環境を思い出してきた。。。

本棚の本たちは表紙を開けばそれぞれに自分の物語を綴っていることに対しての敬意もあった。‬

祖父江慎&真珠子の『わたしと本との◯◯なカンケイ』
ぜひあなた様のエピソードもお聞かせください😊
よろしくお願い致します!

‪ https://shimirubon.jp/columns/1682528‬


よろしくお願いいたします❤️😊❤️


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本を代表するブックデザイ... | トップ | 美少女OLキューティの声優&C... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む