YANO塾の塾長がお送りする教育関連ブログ

塾についてのお問い合せは→ 452-5555(ヨイコニオール5)まで
★PC版にすると見やすいです↓ページ最下部にbt

高校生の定期テストをどう考えるか 英語編

2016年10月16日 | 英語

英語も数学と同じく、かならず2教科あります。

ひとつは文法で、もうひとつは長文の読解です。

向陽高校などでは、PS Public Speaking

と言っているようですね。

英語は大学受験に絡んで、この二つの分野が

とても重要になってきます。


文法問題の方は、学校でも文法的な説明や

問題を解いていく中で、生徒の皆さんは

その知識を習得していくわけです。

 

文法の知識はあっても、英語というのは

単語や熟語・構文などの

知識の積み上げがなくては

なかなか得点力をアップすることはできません。

 

次に長文です。

長文で高得点を取るためには

まずはボキャブラリーを増やしましょう。

たとえば、政治に関する長文が出ているのに

DIET という単語が出てきた時に ダイエット?

変だな政治に関係ない単語だなと思う人は

受験で苦戦します。

DIET とは

デンマーク、スウェーデン、

ハンガリー、日本などの議会, 国会 を

表しています。

DIET と大文字で書かれた場合は 

「国会」という意味ですが、

 go on a diet 、ダイエットする

a nourishing diet 栄養食 

のように「食」「食事制限」という意味に

なります。

英語の名文を暗誦することを

お薦めします。

例えば、リンカーンやケネディーやキング牧師

などの名演説はリズムも意味内容もいいので、

覚えやすいです。

まず語感が身につきます。

英語を覚えるための記憶力がついてきます。

単語を英文の中で覚えてられます。

英語力は短期間の勉強ではだめです。

半年スパンの長期戦で英語を勉強していきましょう。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 高校生の定期テストをどう考... | トップ | 和歌山の偉人といえば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。