読み聞かせ日記@矢野学習教室(千葉県山武市)

矢野学習教室や小学校の読み聞かせボランティアなど、様々な場所で読んだ本をご紹介♪塾の日記も。

『そんな友だちなら、いなくたっていいじゃないか!』(小6に読んだ本)

2016年10月13日 | 哲学・生き方の本
昨日は、小学校での読み聞かせでした。
担当学年は、6年生。

今回は、こちらの本を読みました。
そんな友だちなら、いなくたっていいじゃないか!齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ 第(3)巻
齋藤孝
PHP研究所

まずは、この本を読む前に、こちらの本の冒頭に書かれている「3人ひと組になるゲーム」をしてもらいました。
このクラスは、10秒間で、わりとスムーズに3人ひと組ができました。
「3人ひと組になるゲーム」の意味は、こちらの本で確かめてみてください。

その後、「11人ひと組になるゲーム」にも挑戦してもらったのですが、このクラスは20人だったのです…!
片方のチームは、担任の先生も入れて11人を作り、片方のチームからは「○○のお母さん(私)、こっちに入って!」とラブコールが
なんと平和なクラスなんだ~。

本を読んでいただければわかるのですが、このゲームは11人を作ることが目的というよりは、人と離れることが目的なので、ちょっと違った展開になってしまったのですが…


お子さんたちにゲームに挑戦してもらったところで、読み聞かせスタート。

全てを読むことはもちろんできないので、3人ひと組をつくるゲーム、そして11人ひと組をつくるゲームのくだりを読み、「つるまない男」の例として、イチロー選手の子ども時代のエピソードを読みました。

そして、最後の著者からのメッセージを読み、10分程度の読み聞かせが終わりました。

絵を見ながら話が聞ける絵本の読み聞かせではなかったので、聞いてくれるかどうか少し心配だったのですが…、まったく問題ありませんでした!

むしろ普段の絵本の読み聞かせよりも、お子さんたちの表情が真剣で、集中して聞いてくれていることがこちらにも伝わってきました。

そして、読み終わったら、自然にみんなから拍手が!!

嬉しかったです!
人気ブログランキングへ←いつも読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村←こちらもクリックしていただけると嬉しいです♪


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『世界でいちばん貧しい大統... | トップ | 『ゆめちゃんのハロウィーン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。