読み聞かせ日記@矢野学習教室(千葉県山武市)

矢野学習教室で小学生に読んだ本をご紹介♪塾の日記も。

『じゅうりょくってなぞだ!』(小3に読んだ本)

2016年11月06日 | 自然・宇宙・生き物・食べ物の本
一昨日の小3国語クラスでは、物語とこちらの本の2冊を用意して、お子さんに好きな方を選んでもらいました。
そして、選ばれたのがこちら。(ちなみに、もう一冊の本は、来週読むことになりました。)
じゅうりょくって なぞだ! (福音館の科学シリーズ)
フランクリン M.ブランリー・作 エドワード ミラー・絵 やまもとけいこ 訳
福音館書店

お話は、「もし自分が地球の中心に向かって、穴をほったらどうなるか」という実験(?)から始まります。
(先日、『地球をほる』という絵本を読んだな…)
アメリカから掘り進んでいくと、最後には地球の反対側の海、インド洋に出るそうです。
で、できた穴に飛び込んでみたらどうなるか。

この本では、地球の中心に向かって引っ張る力が「重力」であるということが、分かりやすく説明されています。
また、他の星に行くと、重力はどうなるかということも述べられています。

木星の重力の大きさには、びっくり!

そして、火星に行くと重力が軽くなるんですね!
「火星移住計画」などもあるようですが、火星にいるときに、地球と同じ気分で飛び上がって喜んだりしたら、天井に頭をぶつけそうです…。

本の終わりには、「もっと じゅうりょくのこと」というページがあります。
すべてひらがなで書いてあり、小さなお子さんでも読めるようになっていますが、地球上での重力の微妙な違いなど、専門的な話が書かれています。
大人が読んでも、面白いです!
人気ブログランキングへ←いつも読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村←こちらもクリックしていただけると嬉しいです♪

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『せかいちず絵本』(小1に... | トップ | 『眠れなくなる宇宙のはなし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自然・宇宙・生き物・食べ物の本」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。