読み聞かせ日記@矢野学習教室(千葉県山武市)

矢野学習教室や小学校の読み聞かせボランティアなど、様々な場所で読んだ本をご紹介♪塾の日記も。

『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』(小5・小6に読んだ本)

2016年10月12日 | 哲学・生き方の本
先週の小学生国語道場クラスでは、こちらの本を読みました。
世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ
くさばよしみ・編 中川学・絵
汐文社

「世界でいちばん貧しい大統領」とは、ウルグアイの大統領、ホセ・ムヒカさんのことです。
この春、来日して、話題になりましたね!

この本は、2012年、ブラジルのリオデジャネイロで行われた国際会議での演説を絵本をしたものです。

こちらの絵本では、人間の幸せとは何か、何のために働くのかということを教えてくれます。

「私たちは発展するためにこの世に生まれてきたのではありません。この惑星に、幸せになろうと思って生まれてきたのです」

「社会が発展することが、幸福をそこなうものであってはなりません。発展とは、人間の幸せの味方でなくてはならないのです」

「貧乏とは、少ししか持っていないことではなく、かぎりなく多くを必要とし、もっともっとほしがることである」


つい先日も、若者が過労で命を絶ったというニュースが流れていました。
頑張る人が、心を病むような社会であってはならないと思います。

「人は幸せになるために生まれてきた」という言葉は、覚えておきたいです。

読み終わったら、お子さんたちが拍手をしてくれました。
拍手をしてくれるなんて、年に数回のこと。
お子さんたちの心にも、響いたのかな。
人気ブログランキングへ←いつも読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村←こちらもクリックしていただけると嬉しいです♪






『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『としょかんねずみ2』(小... | トップ | 『そんな友だちなら、いなく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。