読み聞かせ日記@矢野学習教室(千葉県山武市)

矢野学習教室で小学生に読んだ本をご紹介♪塾の日記も。

『桜守のはなし』(小4に読んだ本)

2017年05月06日 | 自然・宇宙・生き物・食べ物の本
4月第4週の小学生国語道場では、こちらの本を読みました。
桜守のはなし
佐野藤右衛門
講談社

語り手の佐野藤右衛門さんは、京都の植藤造園の十六代目。
桜を守りするのが仕事です。

この本では、桜の春夏秋冬が紹介されています。
最初に目に入るのは、美しい春の桜。
でも、桜守の仕事は、花が終わった後から始まるのだそうです。

夏には、注意深く観察して、虫や病気を退治したり、冬には植えかえや植樹をしたり…。
一年中、たくさんの仕事があります。

一年間の桜守の仕事を知った上で、最後のページの満開の桜を見ると…最初とは違った印象を感じるのではないでしょうか。

人間も、周りから注目される華やかな瞬間の陰には、数多くの頑張りがあります。
「桜は家族をみるのとおなじで、たいせつなのは見守る、ということです。」
佐野藤右衛門さんの言葉、本当に深いです。
人気ブログランキングへ←いつも読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村←こちらもクリックしていただけると嬉しいです♪
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『あじ』(小2に読んだ本) | トップ | 『すてきな三にんぐみ』(小... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。