Vivo en Oaxaca de Mexico

仕事ばかりでアラフォーに。一旦死んだと思って全く違う環境に行ってみようと、まずはメキシコへ。そこから中南米を旅する。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オアハカの服

2016-11-19 20:22:28 | メキシコ留学日記
メキシコへの郵送料というのはバカにならないらしく、留学するにも途中から旅行するつもりでなるべく荷物は少なくしたいと思った。
お金もまあまあ気ままに使っていたけれど会社を辞めるかもしれないと思い始めてから半年以上服を買わず、ブックオフに売りに行ったりなるべく断捨離にはげんで、でもまあたまには洒落た服も着たいしーと思い、カジュアルだけど自分の中ではまあまあよい服なども少ーしだけ持ってきたわけです。

けれども、ここオアハカで爆発的に服を買ってしまった。
まず刺繍や織物の服が豊富で安くて、はじめはこんなん日本で着られへんし、なんか地元の人とか顔の派手な欧米人が着ているとものすごいかわいいけど、自分が着やすい感じのちょうどいいのないなあと思って、値段を聞いてみては結局は買わないということを繰り返していたのだが、値段を聞き間違えて安いと勘違いして一着買ってしまったのを皮切りに、4枚も刺繍・織物の服を買ってしまった。。赤いワンピースとか一体いつ着るんだろう。。

さらに毎週学校近くのジャノ公園でティアンギスという青空市場が開催されるのだが、そこでたぶん古着?がけっこういっぱい売っていて、大体はオールドネイビーとかのアメリカカジュアルブランドだったりするのだけど、けっこうかわいいのがあったりするのですね。1枚150ペソとかで、800円くらいだったりしてそれで毎週のように買っていたら、結局ワンピースを2枚、シャツを1枚、ズボンを1枚購入していた。

さらにさらになんかバザーでカーディガンと、カットソーと、タータンチェックのひざ掛けみたいなん購入。全部で500円もしなかったかなあ。

さらにさらにさらにオアハカはTシャツがかわいくて、あと友達からもらったりとかして結局全部でTシャツを5枚も入手。1枚800円とか1000円くらい。

やばい。。

そしてピアスも安くてかわいい。。10個くらいかったかなあ。。

ここに来るまではガイコツモチーフとか全然すきじゃなかったのに、こっちのはファンキーなガイコツが多くてとってもかわいい。こういう風に徐々に感覚が麻痺してくるから恐ろしい。

でもアレブリーヘという動物の超カラフルな置物もオアハカは有名なのだけど、これは全く良さがわからん。。すごいみんなけっこう好きなので、それで会話盛り上がっていると、なんだかすごく申し訳なくて、興味ないとはいいづらい。。とてもきれいだけれど目がちかちかするの。シンプルなのが好きなのだ。

とにかくオアハカ、けっこう服がかわいいのでおすすめ。
でも半袖の刺繍服とかワンピースとかそういう服はいいのだけど、シンプルで質のよいカーディガンとか無印とかユニクロみたいな服はほぼ手に入らないので、なかなかつらいものがある。

いつかまたわたしも昔みたいにストッキングとか、きれいなスカートとか会社で着ていたような服着るときくるのかなあ。
とぼんやり考えるくらい、ちがった時間を過ごしている。
ヒールなんか全然はかないスニーカー一筋の毎日。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メキシコのごはん | トップ | サン・クリストバル・ラス・... »

コメントを投稿