Vivo en Oaxaca de Mexico

仕事ばかりでアラフォーに。一旦死んだと思って全く違う環境に行ってみようと、まずはメキシコへ。そこから中南米を旅する。

メリダの神宿

2016-12-23 22:36:57 | メキシコ
パレンケからメリダ、ADOバスで8時間。快適な旅。

メリダはチチェンイツァーに行くのに2時間くらいでいけるというのでパレンケから北上してきたのだ。一番近いのはバリャドリッドという都市らしいけど。カンクンとかからも行けるんだけど、そしたら片道5時間くらいかかっちゃうので。

夜10時に出たので、早朝に宿に着いた。メリダの宿が当たり。当たりすぎる。宿の女主人もすごいいい人で丁寧に観光スポットの行き方教えてくれる。中国人ぽい風貌で思わず中国人?って聞いてしまったけど、現地人だった。アジア系の顔で色も白い美人。うーんいろんな人いるんだなあ。
この宿何がいいかって朝ごはんがブッフェ形式で取り放題。トーストとかパパイヤとか果物、コーヒーシリアルとかあって、、もう最高。朝食込宿泊費1泊170ペソ=850円で、そこまで安くないけどこの内容なら安いよっていうくらいに食べた食べた。
しかもなんか小さいプールがあって、おしゃれなハンモックやいすがあって、全般的にすごい好きなインテリア。もう、ここ誰か泊まって、と推薦したくなる。
ホステル ラ エルミタ。ドミトリー170ペソ。ほかに個室もあり。

ここで、わたしは明日の朝早くたつかもしれないから、朝ごはんは今日食べて、明日はなしにしてくれないかとスタッフに申し出たが、だめだという。何故なんだ、ただ日が替わるだけじゃないか、ほかの宿では替えてくれたよといちゃもんを付けるわたし。結局無理であきらめたが、あとでほかの用でフロントに行ったら宿の女主人がいいよ今日食べてって言ってくれた。
どこでも問題をもたらす私だ。ありがとう。
結局この宿居心地よすぎて、2泊しちゃって、最終日もゆったり起きちゃって朝ごはん食べようと追加のお金を恥ずかしながら払いに行こうとしたら、女主人がいいよ、いらない、食べなさいって言ってくれて、ううううれしい。お金30ペソよりもその気持ちがうれしい。クレーマーじゃなくて、いい客にこれからは徹しようと少し思うた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パレンケ遺跡 | トップ | メリダ Homon Cenote »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。