Vivo en Oaxaca de Mexico

仕事ばかりでアラフォーに。一旦死んだと思って全く違う環境に行ってみようと、まずはメキシコへ。そこから中南米を旅する。

スペイン語勉強ふたたび

2016-12-06 23:32:20 | グアテマラ
グアテマラはアンティグアに滞在中。
ここではスペイン語学校に通っている。また??って感じやけど。たぶん今週1週間だけか、もしくはあともう1週間だけ通う。
ここはオアハカより安くてしかもマンツーマンが主流なのだ。ホームステイも3食つきで週500~600ケツァルとかで安い。
オアハカではどんどん授業が進んでいったけど正直あんまり勉強してなかったから、全然消化不良で復習したかったのだ。自習が苦手なんでやっぱ先生いると勉強はかどる。オアハカでは接続法現在形までやったはずやのに、接続法なんかとんでもなくて、いまさら直説法の過去形とか未来形の活用をふむふむってなりながら覚えている。こんなんはじめの1か月にやるようなもので、相当さかのぼりすぎやけど覚えてないから仕方ない。。いままで不勉強すぎてお金どぶに捨ててたなー。

こっちの日本人の人、みんなスペイン語うまい人多くて、はじめからこっち来た方がよかったかなあと思ったりもする。
いまはアタバルっていう、片桐はいりさんの弟さんがグアテマラ人の奥さんと結婚してこっちに住んで経営している学校に通っている。週5日、1日3.5時間で85ドル。
他にもKANOっていう週69ドルくらいの学校も有名みたい。たまたまかわいいグアテマラっぽい服着てる日本人女子をみて、どこで買ったのか聞きたくて喫茶店で声かけたのだが、その人はKANOに通っているって言っていた。まだ来て1か月らしいのに、Wi-Fiのパスワード教えてもらえますかっていうスペイン語がむちゃむちゃ流ちょうにしゃべれててすごーって思った。KANOは先生のあたりはずれもあるらしいが、彼女の先生は彼女が毎日がんばって自習しているのをみているのもあるのか、先生もどんどん課題を与えてくれて、いい感じらしい。先生も大事やけど、結局勉強って自分次第のとこあるよな。マンツーマンだと自分からこうやりたいって提案もできるし。やる気ある生徒には先生もやっぱ応えてくれるのだろう。
今思うと日本でスペイン語学校に申し込んだときの情熱は申し込んだ時点でまったく消え失せていたな。あのお金と時間でインドいけばよかったかなあ。まあ親知らず抜いたりとかもあったけれども。今からでもしっかり勉強しよう!と思った。

喫茶店で出会ったその女の子は、もう2年半も旅をしているのだそうだ。もう長くなって南米はブラジルとコロンビア、メキシコしか行かないと思うと言っていた。アンティグアには4月くらいまでいる予定らしい。インドには4か月もいたんだって。インドって広いもんねえ。中国は東チベット、川蔵にいたそうだ。船でコロンビアからブラジルまで8日間にかけて渡ったりとかだって。こういう旅がしたいものだ。あちこち観光地を忙しく回るよりも、こういう風に1か所1か所に長く暮らすようにゆっくり移動していく旅ってバックパッカーの一番の醍醐味だと思う。いろんな旅があるけれど、どっちかというとそういう旅に惹かれる。
私にはそこまでの時間はないし、そこまで長くいるとすぐ飽きてきたり焦ってしまうから、やっぱり急ぎ足にはなっちゃうんだけれど、計画しているところどころは本当に行きたいところなのかもう1回検討しながら、なるべくゆっくり目に旅していきたい。

グアテマラはアンティグアはオアハカのようにコロニアル風の街で火山が近くに見えてきれいである。けれどもなんか夜とかライト少ないし、ちょっと怖い。
実際に日曜に人が殺されたらしい。グアテマラの人みたいだが。そのせいか、警察が街中に増えた気がする。
強盗にあったという生徒の人もいて、グアテマラの中でもアンティグアは観光地なので安全と言われているけれど、やっぱりちょっと物騒なんだなあと思った。今はクリスマス前でけっこうあぶないみたい。よく中国でも春節前になるとあぶないって言われてたけど、どこの国でも同じなんだねえ。警戒度はここの方が高いけどさあ。
それを聞いて、なるべく夜は出歩かないようにしているし、ちょっとした用でかばんいらないときは少しのお札だけポケットに入れて手ぶらで出かけるようにしている。

街の雰囲気はオアハカの方が好きだな。目があっただけで微笑み返してくれる人多くて、街もかわいかった。ごはんもグアテマラがまずいってわけじゃないし、オアハカにくらべたらおいしい日本食のお店KABUKIもあって感動したけれど、オアハカは地元ごはんがおいしい。トルタとか、お昼のランチとか。Menu del diaというのはお昼の日替わりランチのことで、オアハカでもアンティグアでもよくあるのだけれど、オアハカではスープ、メイン、デザート、飲み物、トルティージャとついてきて普通のとこだと300円から400円くらい。アンティグアではもう少し高めかなあ、デザートとかスープついてこなかったりするし。

ホームステイのごはんが、ほんまにっていうくらいにハズレで、シャワーの温度もなんかけっこうぎりぎり耐えれるくらいの冷たさ。なんかアンティグア全般的にシャワー冷たいって聞いたけどほんまかなあ。ここでは辛抱してたまにおいしい日本食を堪能しながら勉強に専念する。あちこち美術館とかあるオアハカに比べて誘惑が少ないという意味でもここは非常に勉強しやすい。
コーヒーが有名な国だけあって、アンティグアにはカフェがあちこちにある。
ATABALでは午後からの授業しかとれなかったので、午前は毎日違うカフェに行って、コーヒー一杯10ケツァルくらいで2、3時間居座って勉強している迷惑な客である。
でもほんまコーヒー好きじゃないのって人生損してるなあ。

おすすめカフェ
Guatejava Coffee 住所:6 Calle Poniente Casa26
https://www.facebook.com/GuateJava/












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パナハッチェルの思い出 醤... | トップ | 中国回想編①仕事 »

コメントを投稿