シャドウピッチング

活字が好きじゃなかった私も、なぜか文章を書きたくなってきた。これも歳なのか。。。

水道の蛇口を交換してみた

2016年10月15日 14時02分21秒 | 家電・生活用品

16年使った洗濯機。よくぞ壊れずにここまで頑張ってくれた。いまだ元気に動いているものの、カビには勝てない。。毎月妻が洗浄してくれているが、それでもやはり出る。という事で新しい洗濯機を購入。来週納品という事で楽しみに寝るか。。。

と思ったら、洗濯機の上についている蛇口が大きくて、蓋が当たるのではないかと妻が。。。こんな時間に・・・と思ったものの確かに盲点だったことは確か。メジャーで高さを測ってみると、確かに怪しい位置に蛇口がある。ホースの引き回しを変えた方良いかといじりながら、まあ今夜はここまで。。

でしばらくすると妻から「水が漏ってる!」

なんと、ホースの引き回しをいじっているうちに、パッキンがずれて漏れ出したらしい。考えてみれば一度もパッキンの交換をしたことがない。これは部品交換か?でも、そもそも蛇口が当たるかもしれない。。。で、寝た。。。。。

 

翌日、洗濯機のそばの水道って今はどんな感じになっているのだろうとネットで調べると、なんと結構コンパクトな蛇口があるではないか!こりゃ蛇口ごと交換した方が良いかも。。で、さっそく朝一でカインズホームへ。日曜大工で蛇口を交換する仕方の漫画も貼ってある。なるほど、こりゃ自分でもできそう。。ネットに掲載されていたものとは同じものではないが、コンパクトなタイプの蛇口もあったので購入し、いざ洗濯機のところへ。

 

最大の問題は、蛇口が簡単に外れないのではないかという事。まずは外にある水道の止水栓を回し、家への水の出入りを止める。

 

 

 

 

で、蛇口から水を抜いて、蛇口を外す。写真の通り、我が家は乾燥機が付いており、洗濯機と乾燥機の間のスペースに工具を入れて蛇口をつかみ、回さないといけない。

 

 

 

 

 

で、モンキースパナでつかみ、回す。。。。。。。なんと!意外に簡単に回った!こりゃ想像以上にスムーズに行けそう

 

 

かなりきつめにしまっていた蛇口を少しずつ回し、何とか蛇口を外すことに成功。壁から水道管が現れた。

 

 

で、次は水道管の中の汚れをしっかり取る。ネットに経験者のコメントが書いてあるのを読んだが、ここで適当にやると、せっかくしっかりつけてもあとで水漏れにつながるらしい。中にある水道の蛇口をつけるときに必要なテープの残りをあきらめずに最後までしっかり取る。

 

 

こんなゴミが出る。

 

 きれいになった水道管にいよいよ新しい蛇口をつける。購入したのはこちら。かわいいサイズで、しかも震災の時にホースが間違ってはずれても水が噴き出さないように、安全弁までついている。たいしたもんだ!

 

で、水道の角度をある程度フレキシブルにできるように、パッキンをつける。パッキンはこちら。

 

で、つける。

 

次に水道管にねじ込む部分に、水道工事にはなくてはならない白いテープを巻く。名前は知らない。

これ。  で、7~8回巻くのが良いらしい。

 

 

 

あとは水道管にねじ込むだけ。最後の最後までねじ込むちょっと前くらいにするのがよいらしい。

完成!なんと、30分程度の作業でついてしまった。しかも美しい。 費用は蛇口が3950円。モンキースパナを持っていなかったので購入。850円。(カインズオリジナル。安い!)、パッキン90円くらい。テープは父が水道工事をやっていた関係ですでに持っていたのでただ。

 

洗濯機のホースをつないで水道の止水栓を戻し蛇口を開く。。。。。水漏れしない。夜まで様子を見たが大丈夫。これで新しい洗濯機が来ても安心。夜中に妻がついて、こんな時間になんでこんなことを・・・と最初は思ったものの、よくぞあの時間に気が付いてくれた。業者が洗濯機を持ってきたからでは蛇口の交換もこんなにスムーズにはできなかったはず。と、前向きにとらえ、作業成功に乾杯!!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鶴瓶の家族に乾杯 人のな... | トップ | 会社のソフトボール大会 ガ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。