やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

大瑠璃を語る人笑み噴きこぼれ 中江優子

2017年06月16日 | 俳句
314
中江優子
大瑠璃を語る人笑み噴きこぼれ
瑠璃色の鳥であるから大瑠璃。ただしこれは雄である。雌はざっくりと雀色だろうか。これから山歩きのシーズンに入るが運よく大瑠璃に出会えたら必ず感動するだろう。渓流に沿った林で作者ははっと目を引く飛翔体に出会った。枝先に止まった。目を凝らせば瑠璃色、大瑠璃だ!。さそれからが大騒ぎ。会う人会う人にこの事を話さずにはいられない。笑み満面で語るは幸せの図そのものである。:読売新聞「読売俳壇」2017年6月5日・所載。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脱ぎたれば水着重たき日暮か... | トップ | 黒揚羽とどめて巌の磁力かな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。