やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

酔少しまはる夕虹消えてより 池田琴線女

2017年05月06日 | 俳句
274
池田琴線女
酔少しまはる夕虹消えてより
人は人生の節目節目に喜怒哀楽の時を持つ。今日は早くからの酒となった。嬉しい事があったからだ。帰り道には虹までが大きく掛かって祝ってくれた。まるで幻でも見ているような時間だった。そんな感動の収まらぬ体が酒を要求し今宵はほろ酔うこととなった。美しきものこの世に有り、山河の花鳥空の虹。そんな体験をする一日がわが人生に何度あったか。人生夢の中。:角川「俳句」(2015年6月号)所載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毒消し飲むやわが詩多産の夏... | トップ | べら釣るや真上の天は航空路... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事