やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

秋の夜の酒は冷やさず温めず 桑島正樹

2016年11月26日 | 俳句
115
桑島正樹
秋の夜の酒は冷やさず温めず
少し時季外れになったが、秋の気候はまこと過ごしやすい。運動に良し芸術に良し五感が冴える。となれば食欲の秋の酒好きの酒も捗る。夏は冷やしたく冬は温めたくなる酒も今は常温ですいすいと喉に優しい。昔「卯波」という居酒屋で燗をしてと頼んだら熱燗ですか人肌ですかと聞かれた。小生は一年通して人肌である。天高く馬肥ゆる秋小生もまた少々肥えるのは例年どうりのこと。読売新聞「読売俳壇」(2016年10月17日)所載。:やんま記
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が雪とおもへばかろし笠の... | トップ | 水脈消えてまたさざなみの小... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。