笠にとんぼをとまらせてあるく 山頭火

2016年10月17日 | 俳句
73
種田山頭火
笠にとんぼをとまらせてあるく
男のロマンではないが自分も山頭火になってみたいと思う事がある。会社や家庭での人間関係に難渋した時は特にそういう気持ちになる。でも成れない。山頭火は勇気があるなあと感嘆して終わる。しかし笠は被らないが帽子くらいは日常に被っている。風の中に赤とんぼが湧き出でた。グランドゴルフ仲間の帽子にとんぼが留っている。生きているから歩くのだ。今日もぶつぶつ言いながら。彩図社「名俳句一〇〇」(2002年)所載。:やんま記
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雁渡る胸痛ければ胸のこゑ ... | トップ | 紅葉酒櫂引く人の力瘤 白馬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。