やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

春の田の起こされてより鳥あまた 竹腰素

2017年03月08日 | 俳句
214
竹腰 素
春の田の起こされてより鳥あまた
今年の農事が本格的に始まった。耕運機が黒黒とした土を起こしてゆく。啓蟄も過ぎ土中の虫たちが次々と姿を露にする。餌にありつく鳥たちが狂気のごとく騒ぎ出す。春の田に明るく賑やかな日々が始まった。余談であるが私の近辺の田畑は次々と開発され巨大な物流倉庫に変貌してゆく。野鳥観察も蛍の鑑賞も今年は無くなった。行く春の思い出を惜しむ。:俳誌「はるもにあ」(2016年5月号)所収。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 翌日しらぬ身の楽しみや花に... | トップ | 春の夢みてゐて瞼ぬれにけり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。