やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

無花果の落ちたるを踏み滑りけり 望月喜久代

2016年11月05日 | 俳句
93
望月喜久代
無花果の落ちたるを踏み滑りけり

秋は黄落の季節、落ちゆくものは葉ばかりではない。木の実や果実も大地に還る。木になるものの豊潤は我らが口へ至福をもたらす。しかし人に至福を与える前に熟して落ちるものも多々あり。いま無花果が散乱する中、秋の空青きに見とれていて思わず踏んでしまったものがある。つるりんこっと、ここで踏み留まれる貴女はまだまだ若い。朝日新聞「朝日俳壇」(2013年12月2日)所載。:やんま記
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行く水におのが影追ふ蜻蛉か... | トップ | 地玉子のぶつかけご飯今朝の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。