やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

読むことのなき書も買いて夜長かな 三橋達郎

2016年10月25日 | 俳句
81
三橋達郎
読むことのなき書も買いて夜長かな
日が短くなって明けるのが遅く、暮れるのが早くなった。その分夜が長くなって、その時間の過ごし方が問題となる。対策として本を買い込む事になる。今は目的の書物はネットで直ぐ買えるが、古本屋さんで手に取って物色するのも一興である。不思議なことにその場ではあれもこれもと複数冊を求めてしまい卓上に積んだままの場合が多々ある。さあて村上春樹と三島由紀夫をいつ読もうか、バイブルもまだ開いていないなあ。読売新聞「読売俳壇」(2016年10月24日)所載。:やんま記
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鯊(はぜ)船の昼に天ぷら揚... | トップ | 独学や拭き消す窓の天の川 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事