ちらばりて皆が見えをりわらび狩 皆川爽雨

2017年04月20日 | 俳句
258
皆川爽雨
ちらばりて皆が見えをりわらび狩
春は山野草の季節である。食用に経験しただけでもノビル、ワラビ、ゼンマイ、コゴミ、タラの芽などなど。それぞれの場所に穴場的ポイントがあり地元の人々の毎年の楽しみである。私の近辺でも利根川水系の各河川畔でピクニックを兼ねた山菜採りが賑わう。各自てんでばらばらに散らばって腰を丸めているので、ああそうかと分かる。菜の花の盛りもピークを越えたようだ。雲雀鳴く土手の風がとても気持ち良い。命の洗濯をたっぷりとして帰ろう。:角川書店「合本・俳句歳時記」(1990年12月15日版)所載
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木の芽草の芽歩きつづける ... | トップ | つるのびて軒にとどくや豆の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。