やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

噴水の上がり始めの重たげに 鈴木かこ

2017年07月08日 | 俳句
336
鈴木かこ
噴水の上がり始めの重たげに
暑い盛りの公園に噴水が吹き上がった。その上がり始めが重たげに見えたのだがやがて勢いよく踊り始めた。人々は足を止めある者はベンチに腰を下ろして眺める。測定出来ない程の涼ではあるが心の世界の清涼感はほっと一息つかせるものがある。砂漠にオアシス大都会に噴水、お陰様でこの夏も越せそうだ。ご自愛を!:俳誌「はるもにあ・合同句集」(2016年)所載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生き過ぎて父は独りよ星祭 ... | トップ | 仏にも鬼にもなれず汗の顔  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事