やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

泣き止みていつか昼寝の児となりぬ 柿木昌子

2017年07月12日 | 俳句
340
柿木昌子
泣き止みていつか昼寝の児となりぬ
笑いがは行のはひふへほ。泣くはわ行のわゐうゑを。わーんわーんと止めどなく鳴いていた児が泣き疲れたのかいつしか寝入ってしまった。今泣いたカラスがもう笑った暇もあらばこそである。泣くのも笑うのも一時の夢の中である。さて自らの大泣き大笑いした記憶が定かではない。何時の頃から覚めた人間になってしまった。:俳誌「春燈」2016年9月号所載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飛びこみし蛾の燃えランプ明... | トップ | 蓮の花ひとりになる日考えず... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。