やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

制服の似合ふ少女や桃の花 池田初美

2017年03月21日 | 俳句
227
池田初美
制服の似合ふ少女や桃の花

娘十三花なら蕾といった年頃だろうか。ぴっかぴかの制服に輝いている。傍らの桃の花が頬笑むように咲いている。物心がつき初め多情多感な思春期へ突入してゆく。ピアノの腕も少々上達しエリゼの為にとか乙女の祈りは空で弾ける。自転車の立ち漕ぎで疾駆すれば分け入る風もきらりきらりと光っている。:俳誌「百鳥」(2016年6月号)所載
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春分の日切株が野に光る 安... | トップ | 中三の胸のふくらみ名草の芽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。