やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

月みゆるところに立てる一人かな 万太郎

2016年09月18日 | 俳句
44
久保田万太郎
月みゆるところに立てる一人かな
中秋の名月を味わう季節となった。月光が煌々と射し込み、おおと立ち上がり月を覗きに歩んでゆく。見えた!余りの見事さに無言で立ち尽くす。漢は連れ合いに声を掛ける事なく心静かに一人佇んでいる。諸兄諸姉なら恋人を呼んだであろうに、対人恐怖症の私の場合はやがて月下独酌となるのであった。『名俳句一〇〇〇』(2002)所収。:やんま記

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なき友の手紙出てくる夜長か... | トップ | かなしめば鵙金色の日を負ひ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。