やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

校庭で落葉をふんでおにごっこ 吉雄陽香

2016年10月08日 | 俳句
64
吉雄陽香
校庭で落葉をふんでおにごっこ
作者は小学校四年生。学校には友達が大勢いて夢中で遊び暮らしている。巡る季節の一刻一刻が面白い年頃である。落葉を踏んで鬼ごっこ、いつしか遊びと区別のつかない喧嘩となってゆく。頭から落葉を掛けあって無我夢中とあいなる。無情なベルの音に授業が再開し午後の眠たい時間が始まる。あのころへ戻りたい、戻れない。俳誌「春燈」(2016・1号)所載。:やんま記
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 分身の眼鏡磨けば鰯雲 河津... | トップ | あめつちにわたくしひとり野... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。