やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

今何をせむと立ちしか小鳥くる ふけとしこ

2016年10月01日 | 俳句
57
ふけとしこ
今何をせむと立ちしか小鳥くる

この頃二階へ上がってさて何の用で来たのだか分らないと言った事が多くなった。ひょいと立ったとき、ひどい時にはひょいと後ろを向いただけでそうなる。やれやれと窓に向けた視線に動くものあり。あ、ジョウビタキ!用事を忘れた事も忘れてたちまち至福の一時が生まれた。小鳥来ると季語にもなったこの時節を楽しめるのも「老人力」の賜物だろう。ああ楽しきは老いのボケなり。「ほたる通信 II」(2015年9月号)所載。やんま記
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人去れば人現るる花野原 下... | トップ | 物いへば唇寒し秋の風  芭蕉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。