やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

どの花も小さし真白し五月来る 佳音

2017年05月15日 | 俳句
283
坂石佳音
どの花も小さし真白し五月来る
小さな花々が目を驚かせる。季節は聖五月と言われ、風もどことなく新鮮な薫風である。聖と言う汚れなさは花の色の白に宿る。経済に健康に人間関係にと日常生活の雑多な悩みは後を絶たない。ふと傍らに一群れの野の花を見る。小さくて純白に咲く花。汚れ無き自分の原点に回帰できるのか。さあ新しい季節を真っ白な頭で迎えよう、心の芯に言い聞かせる。:ブログ「かのんくら=縁側=」(2017年5月12日)所載。:やんま記
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 片陰に包丁研ぎの来てをりぬ... | トップ | 噺家のやうな庭師や花は葉に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事