やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

今日も元気で。
最新の記事は左下にあるカレンダーの日づけをクリックして見てください。

片栗や自づとひらく空の青 加藤知世子

2017年02月12日 | 俳句
190
加藤知世子
片栗や自づとひらく空の青
山里だろうか片栗が咲いた。ああ時節が来れば咲くものは自ずと咲くんだな。春が来て空の光線がそれらしくなった。そして人々の出会いと別れが待っている。卒業、転勤、就職、進学。純白な心と心が交流し涙する。早春の空の青さが眩しい。:「合本俳句歳時記」角川書店(1974年4月30日)所載
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老人の横一列に日向ぼこ 阿... | トップ | 野火を背に男黙せり遠筑波 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。