ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

ムカシトンボ 2017<4月②>

2017-04-19 | ムカシトンボ科

<4.17>

羽化のピーク迫る

前回、脱出前の羽化個体が撮れなかったムカシトンボ、2日空けて同じ林道を探索しました。
3日間20℃超えの日が続き羽化が活発化してきたようです。羽化する位置もやや高く、3♂、1♀が見られました。
平地の最高気温は25℃近くまで上がり、最低気温は12℃。当所での羽化のピークが近いようです。
この日は、開けた空間を摂食飛行する個体も見られました。

撮影の結末は、到着、発見時刻が遅れてしまう失態。最初の個体を見たのが9時40分で、時すでに遅し。
気温が高く、羽化の開始が早かったようで全て翅が伸びた状態。最初の地点では2m程離れて♂2頭が羽化中でした。

♂ 羽化




近くにいた個体は、さらに高い位置で羽化中。2頭がほぼ同時に羽化を開始したようです。

♂ 羽化




撮影もそこそこに、焦って上流を探索しましたが、次に見つけたのは飛立ち間近な個体でした。

♀ 羽化




開翅


飛立ち寸前


10時54分、飛立ちました。開翅してからは約1分後でした。

飛立ち


4頭目も飛立ち間近。枯葉での羽化、往路では見過ごしていました。11時半頃飛び立ったようです。

♂ 羽化




約2時間が経過して、最初の個体がそろそろ飛立つ頃です。目論見が外れてしまい、元の場所まで戻って飛立ちを狙います。
狙った結果は、残念ながらピントがきていません。飛立ちの写真はイメージです。

♂ 羽化






開翅


11時52分、飛立ちました。開翅して約4分後でした。羽化殻から真上に上がった瞬間が狙い目なのですが。

飛立ち


もう一方の個体は約1分遅れて開翅、同じく約4分後の11時53分に飛立ちました。
気温が高く、翅が伸張してから飛立つまでの時間が短いようです。見た範囲では、正午過ぎまで残った個体は皆無でした。

♂ 羽化




開翅


飛立ち

2017.4.17 東京都

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムカシトンボ 2017<4... | トップ | クロスジギンヤンマ 201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む