ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

シオヤトンボ 2017<4月②>

2017-04-27 | トンボ科

<4.24>続編

生殖活動一番手

春に羽化して、最初に生殖活動するシオヤトンボ。当所では羽化が数日間遅れる一方、生殖活動は例年より早く始まりました。
昨日は、10時頃から数頭の♂が水辺に集合、11時半頃に2頭の♀が現われ、短時間ですが、交尾、産卵が見られました。

この日は曇りがちで、♂はやや遅れて出てきました。午前中姿を見せなかった♀が、正午を過ぎてから日が差した時間帯に飛来。
縄張りの♂は数頭で、♀が来ると争奪戦です。毎度のことながら、春先のシオヤトンボの激しい動きに魅了されます。

交尾態 産卵中に捕えられた♀


交尾態 静止 


産卵個体は多くはないものの、日が射す時間が限られ、集中して現われました。珍しく接近して2頭が産卵。

♀ 産卵












♂ 飛翔 



2017.4.24 神奈川県

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シオヤトンボ 2017<4... | トップ | ムカシヤンマ 2017<4月> »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トンボ科」カテゴリの最新記事