ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

ヤブヤンマ 2017<7月③>

2017-07-12 | ヤブヤンマ

<7.6>続編

宿願の交尾態

想定外の6頭の産卵個体が飛来したこの日は、当然のことながら探雌行動が盛んで、♀を見つけるや否や♂が飛びかかります。
数頭の♂が繰返し姿を見せ、こういう日でないと撮影できないシーンに何度か遭遇しました。

まずは、宿願の交尾態です。いつもは上空へ消えていきますが、運よく何とか撮影できる位置に着地しました。
とは言っても、高さ5m程の梢。いろいろな角度で試しましたが、これが精一杯。交尾時間は約1時間10分でした。

交尾態






交尾前の♀です。6頭の産卵個体のうち、この個体のみが老熟気味で、翅が傷んでいました。

♀ 産卵






♀ 産卵移動


約10分間で産卵を止めてしまい、低い枝に休止しました。若い個体は、産卵して近くに止まることはまずありません。
約1時間後、林内を探雌する♂にこの状態で捕まり、交尾態になったものです。

♀ 静止


この日の交尾成立は2例。もう一方の交尾態は、産卵中の個体が捕まりました。産卵している個体が交尾に至ることは稀です。
強引に♀を水没させて、数秒で連結して飛立つ瞬間です。この後、交尾態になって上空に消えました。

連結態


産卵に専念している個体は、♂の接近に気付くと産卵を中断するものの、簡単には逃げず、時に♂と空中で睨み合います。
♂に狙われながらも逃れた産卵個体は3例。不意を突かれて連結された個体もいましたが、交尾を拒否して振切りました。

連結態


上の連結態が飛立つも♀が抵抗して水没、♀が逃げる瞬間 ピントは合わず


♂ 飛翔 探雌行動



2017.7.6 東京都

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤブヤンマ 2017<7月②> | トップ | ヤブヤンマ 2017<7月④> »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む