ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

アオイトトンボ 2016<10月>

2016-10-11 | アオイトトンボ科

<10.6>

交尾拒否

久しぶりに関東一円が広く晴れる予報、北関東のマダラヤンマの様子を見に出かけました。
運がよければ、♀がひょっこり現われてもよい時期です。最高気温は30℃ですが、風が吹いてあまり暑さは感じません。
結果は1時間に1回程度、多分同じ♂が飛来するのみで、強風下すぐに姿を消してしまう状況。全く撮影できませんでした。

撮影対象は、久しぶりに集団産卵に出会ったアオイトトンボになりました。
まずは♂、♀が並んで静止する光景です。♀は♂同様、胸部に白粉を帯びている個体でした。

♂、♀ 静止


珍しく並んで止まる状態に至った顛末は、交尾拒否によるものでした。

あまり機会がなかったアオイトトンボの交尾態を撮ろうと待ち構えましたが、♀は茎にしがみついて交尾に応じません。

連結態


他の♂に攻撃されて連結態のまま移動しても♀は動きません。



交尾を諦めた♂は連結を解きましたが、♀はそのまま動かず、しばらく並んで止まっていたというのが結末です。



撮り損ねた交尾態を探しましたが、なかなか見つかりません。辛うじて1ペア発見。

交尾態


♂ 静止 捕食


さて、集団産卵ですが、一つの池の一角のみで見られました。殆どの連結態が同じ場所に集まってきます。

連結産卵






午後からは、別の一角に集合場所が変わりました。




2016.10.6 栃木県

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミルンヤンマ 2016<10... | トップ | ハグロトンボ 2016<10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アオイトトンボ科」カテゴリの最新記事