ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

タベサナエ 2017<5月>

2017-05-18 | サナエトンボ科

<5.13>

流水域での産卵

遠方まで来たからには、西のコサナエ属の交尾、産卵を撮影しておきたいものですが、活性がありません。
午後になると、オグマサナエの♂数頭が水辺に出て待機していましたが、滞在時間中に♀は現われませんでした。

隣接するの湿地の細流でタベサナエの産卵が見られ、何とか撮影してきました。見たのは13時半頃の一度のみです。
♂が縄張り行動を始める前に産卵に来た個体で、約1分間の産卵でした。こちらも交尾態は見られませんでした。
待機する♂は、オグマサナエより個体数が少ないようでした。

♀ 産卵










♂ 静止


<オグマサナエ> ♂ 静止

2017.5.13 岡山県

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トラフトンボ 2017<5月> | トップ | サラサヤンマ 2017<5... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む