ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

ヤブヤンマ 2017<7月⑥>

2017-07-17 | ヤブヤンマ

<7.11>

探雌行動

暑い日が続いています。気温が少々下がるとの予報で、ヤブヤンマの池の様子を見てきました。
結局、最高気温32℃まで上昇。正午前から探雌行動は盛んでしたが、産卵個体の飛来は遅く14時半頃でした。

♂3頭が繰返し現われ、林内の高い梢から産卵場所まで念入りに♀を探していました。♂の飛翔撮影に専念です。
産卵場所で、1、2秒間、稀に低空でのホバリングが見られます。これが狙いですが、カメラを向けると、時すでに遅し。

♂ 飛翔 探雌行動






♂ 静止 約7分間、探雌行動中の休止にしては長い


14時半頃、やっと産卵個体が飛来しましたが、約4分間産卵したところに♂が現われ、飛び去りました。

♀ 産卵






15分後、2頭目が飛来して産卵を開始。

♀ 飛翔


目立たない場所を巧みに選択、落着いて産卵します。♂は見つけられないのか、関心がないのか寄ってきませんでした。
欠損した翅を見ると、5日前撮影の交尾態の♀です。毎日行けば、産卵に来る状況が分かったかもしれませんが、そうもいきません。

♀ 産卵



2017.7.11 東京都

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤブヤンマ 2017<7月⑤> | トップ | マルタンヤンマ 2017<... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヤブヤンマ」カテゴリの最新記事