ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

マダラヤンマ 2016<9月①>

2016-09-18 | マダラヤンマ

<9.10>

産卵

信州のマダラヤンマ、週間天気予報で晴マークは前後この日のみ。満を持して出かけました。

9時半頃まではそこそこ飛んでいましたが、気温が想定外に上昇し10時頃から15時半まで全く活性なし。
昨年より個体数が少ない様子で、交尾態を撮影する機会はありませんでした。

遠征する以上は交尾と産卵が狙いですが、丹念に探雌する♂は見られるものの♀が殆どいない様子です。
マダラヤンマの場合、交尾を終えて間もなく産卵するパターンが多く、交尾態がいないとまず産卵も撮れません。
単独の♀を見つけるのは相当困難ですが、運が味方して産卵個体を発見。何とか撮影してきました。

11時過ぎ、しつこく足元を見回っていると水面際を♀が飛びました。真っ暗闇の中に着地して産卵です。
しかし、撮れる角度は上から覗いて真正面のみ。しかも約2秒で移動しました。

♀ 産卵


潜り込んだ先で、頭だけでも見える角度を探すのに一苦労。次の瞬間、見失いました。最初の着地から約20秒でした。
毎度のことながら簡単には撮らせてくれません。若い個体、青色型の♀です。



定番のホバリング、午前の部です。

♂ 飛翔








午後の部です。一時全く飛ばなくなり、15時半頃からちらほら。水面に向かって逆光になるので横向きはストロボ使用。







例年とは異なる場所で夕日を浴びてホバリングする個体が見られ、いつもと違うパターンで撮影できました。







♂ 静止






二度、三度ぶら下がりかけて止まらず。樹木でも水平止まりで、しばらく休止しました。




2016.9.10 長野県

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルリボシヤンマ 2016<9... | トップ | マダラヤンマ 2016<9月②> »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む