ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

ムカシトンボ 2017<5月②>

2017-05-14 | ムカシトンボ科

<5.8>

状況変わらず

前回から3日空けて、同じ渓流のムカシトンボです。産卵の本格化を期待して出かけましたが、状況は変わりませんでした。
落着いて産卵する個体をじっくり撮影しないと、こちらも落着きません。

♂の動きは前回と打って変わり、午前中はたまに姿を見せたのみ。13時半頃から数頭が出てきて探雌行動が始まりました。
この日は、水面際でのホバリングは全くありません。平地での最高気温は29℃まで上昇、湿度はかなり低い日でした。

10時半頃、到着して最初に姿を見せた個体が♀でした。
幸先よしと思いきや、相変わらず産卵を試すような行動を繰り返し、1分程で上流に姿を消してしまいました。

♀ 産卵


次の産卵個体まで3時間半待ち。♂が追ってきて一旦逃げましたが、幸い戻ってきました。
今度こそ落着くと期待したものの、ここでは5秒で飛立ちました。





約20分後、次の個体が現われました。これも同じパターンでした。いずれも黄色が鮮やかな個体です。





この日の探雌行動です。

♂ 飛翔









2017.5.8 東京都

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロスジギンヤンマ 201... | トップ | トラフトンボ 2017<5月> »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む