ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

リスアカネ 2016<10月>

2016-10-14 | トンボ科

<10.7>

連結産卵

翌日から再び雨予報、今季まだ撮っていないカトリヤンマの産卵を狙って出かけました。最高気温は25℃。
産卵時間まで、リスアカネの連結産卵を撮影して待ちます。連結態が暗い湿地に次々現われ、14時頃まで見られました。

ところで、カトリヤンマの産卵個体は、数頭が飛来したものの、産卵場所を偵察する感じで殆ど産卵に至りません。
当所では、やや時期が早かったのか、残念ながら産卵は全く撮影できずに終わりました。

連結産卵










産卵を一時休止する連結態


連結産卵




連結産卵の後、大概は単独産卵に移行します。連結を解いた直後です。



♀ 産卵




♂に体力が残っていないようで、明るい場所で産卵して何度も着地する連結態が見られました。

連結態




産卵継続を断念して連結を解いた途端、♀は待っていたかのように縄張りの♂に捕まり交尾態になりました。

交尾態


交尾態で上空を飛び、一時着地して交尾を解いた別の連結態です。疲れた♂が目立ちます。

連結態

2016.10.7 埼玉県

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハグロトンボ 2016<10... | トップ | マユタテアカネ 2016<1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む