ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

オオトラフトンボ 2017<6月>

2017-06-29 | エゾトンボ科

<6.23>

三度目の正直

今季のオオトラフトンボ、6月になってから新規開拓で山梨、長野に行ってみましたが、空振り。長野に至っては1頭も見ずでした。
この時期、新潟か福島か、あるいは止めにするかと迷いながら、やはりもう一仕事。天気予報を見つつ福島に出かけました。

例年行く沼は、昨年より植生が良好、オオトラフトンボが遠いながらも3頭以上飛び交い、漸く撮影できそうなムードです。
無論、産卵個体が狙いですが、当所では2年連続で見ているものの、1日1回で運次第。快晴で最高気温は25℃でした。

10時41分、何処から来たのか♀が近くの岸辺に止まりました。これから卵塊造りが始まるに違いありません。
久々に訪れた絶好のチャンス、慎重に近寄りました。それにしても撮り難い場所です。

♀ 静止


卵塊を造る前


約30秒後、卵塊を造り始める


約50秒経過


約2分30秒経過




着地して約7分経過、卵塊も大きくなり、いよいよ産卵に飛立つ頃です。息を飲んでその瞬間を待ちます。
ゆるゆる飛ぶ想定が、かなりのスピ―ドで飛立ち、遠く沼の中央に。戻ってきたものの、ピントが合わず産卵撮影は失敗でした。

飛立つ寸前


次の個体を待ちますが、そう簡単に来るはずはなく、15時過ぎ、漸く卵塊を付た個体が樹上から現われて草陰に入りました。
出て来るのを待ちますが、近くを飛んでいた♂が襲いかかり、卵塊を付けたまま沼の奥に逃げてしまいました。
不意打ちを食らい、シャッターを切る間もありませんでした。

探雌する♂です。当所では、これまで目視すら難しい遠い所ばかりを飛びましたが、この日は撮影可能な所。それでも遠い。

♂ 飛翔









2017.6.23 福島県

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アオヤンマ 2017<6月③> | トップ | カラカネトンボ 2017<... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エゾトンボ科」カテゴリの最新記事