ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

カトリヤンマ 2016<10月④>

2016-10-29 | カトリヤンマ

<10.20>

ホバリング

前回から2日後のカトリヤンマの湿地、4回目にして漸く満足に♂のホバリングが見られました。
1日おいて再び気温が上がり、最高気温は28℃。その割には、風が強く湿度も低いので凌ぎやすい日でした。

午前中から早くも産卵個体を目撃しましたが、風が吹きやむ14時頃までは活性がなく殆ど姿を見せません。
前回、ホバリングの発見が遅れた湿地への飛来を念じて、しばらく待機することに。産卵個体が最も集中する湿地です。

14時半過ぎ、1頭の♂が飛来して低空でのホバリングが始まりました。広い湿地ですが、10m程の範囲から離れません。
さらに2頭が現われますが、争いながら縄張りを守ります。期待以上に長い40分に亘るホバリングが見られました。

♂ 飛翔












木漏れ日があるスポットに来るのを待って、ストロボなしで狙ってみました。







2頭目の♂は約20分遅れて現われ、やや離れてホバリングを開始。3頭目はホバリングせずに追われています。





先の♂が姿を消すと、この個体も数分後にホバリングを止めました。縄張りのホバリングが終わると湿地の片隅に静止して♀待ちです。
3頭程♂が待機ていたようで、1頭が交尾に成功しましたが、撮影はできませんでした。

♂ 静止

この日も10数頭の産卵が見られましたが、♂が待機しているので草叢に隠れ、前回程は目立ちません。

♂のホバリングが終わって数分後の15時20分頃、湿地の開けた所に産卵個体が出てきました。
産卵体勢になると、かなり落着くようになっています。この個体は、着地してから移動するまで約3分間産卵していました。

♀ 飛翔 着地前のホバリング


♀ 産卵






♀ 飛翔 産卵移動


別の場所で産卵を始めましたが、この直後に待機していた♂に捕まりました。

♀ 産卵


別個体です。16時を過ぎると、産卵個体が急速に減りました。

♀ 飛翔 産卵移動


この日の狙いは日を浴びてのホバリングでしたが、13時半頃、幸先よく明るい湿地に姿を見せた♂は止まったままで動かず。
残念ながらホバリングを見せることなく、1時間程で林に消えました。

♂ 静止

暗い湿地でのホバリングが終わって約15分後の15時半頃、漸くこの場所でもホバリングが始まりました。
日を浴びてとはいきませんでしたが、ぎりぎり明るさが残っていました。

♂ 飛翔






日がかなり傾いているので、やや厳しく、以下はストロボ使用です。













この個体のホバリングは約10分。予定どおりホバリングが撮影でき、シャッターを切りまくって漸くすっきりしました。

♂ 静止


しばらくすると、入れ替わるように別個体が現われて静止。約30分前、最初の湿地で2番目にホバリングして静止した個体でした。




2016.10.20 埼玉県

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カトリヤンマ 2016<10... | トップ | オオキトンボ 2016<10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む