ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

カトリヤンマ 2016<10月①>

2016-10-17 | カトリヤンマ

<10.11>

出遅れ

朝晩の冷え込みが急にきつくなり、遅ればせながら秋本番。連日、最高気温は20℃に届きません。
例年なら撮り終えている田圃のカトリヤンマの産卵ですが、雨天が続き稲の刈取りも遅れて今回が初回です。

14時頃、谷津に到着すると、水が溜まった田圃で既に3頭が産卵中。慌ててカメラを取り出しました。
一日中曇りで気温が上がらず、早い時間帯の産卵を予測していましたが、これ程早いとは思わず、完全に出遅れです。

これからが本番と期待したものの、確認できたのは数個体のみで、15時15分頃にすべて姿を消しました。
何とか産卵を撮影できましたが、あっけない幕切れ。当所では終盤のようで、やはり出かける時期も出遅れでした。

♀ 産卵




相変らず敏感で、足元もぬかるんで寄れずに苦戦です。少ない個体数ですが、近くに来るのを待つしかありません。
しばらくして、乾いた泥で汚れた個体が林から飛来しました。

♀ 飛翔 着地直前


♀ 産卵








次は、乾いた畔で産卵する個体です。3ヵ所を移動して産卵しましたが、すぐ草の中に潜り込みます。
ホバリングは後追い。産卵を追うのに精一杯で、この日は飛びを撮影する余裕がありませんでした。

♀ 飛翔 産卵移動


♀ 産卵






15時過ぎ、最後の個体が林から飛来。ここで約4分間産卵して、他の場所では産卵せずに林に帰りました。
次の産卵個体は現われず、これにて撤収。当所での撮影は覚悟の上ですが、いつもに増して泥だらけになりました。







♀ 静止 産卵休止

2016.10.11 千葉県

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マユタテアカネ 2016<1... | トップ | カトリヤンマ 2016<10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む